■ 日本学術会議ニュース
   ここには、日本学術会議から配信された最新のニュースを掲載します。
   日本比較文学会は、日本学術会議の協力学術研究団体です。

======================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.594 ** 2017/5/12
======================================================================

■--------------------------------------------------------------------
 公開シンポジウム(ご案内)
「日本の科学と産業の停滞と復興」(未来社会と応用物理分科会)
---------------------------------------------------------------------■
 日本は科学技術や産業界で、唯一世界の中で停滞あるいは地盤沈下して
いる状況にあります。この事実を客観的データを使って分析し、問題の本質
を探り、日本の未来社会に対して行うべきアクションを討論します。学術会
議の会員はもとより、広くこのテーマに関心のある科学者、技術者、経済人、
学生、官僚の皆さまの多くのご参加をお願い申し上げます。

◆日 時:2017年6月22日(木)13:30 〜17:00
◆場 所:日本学術会議 講堂(東京都港区六本木7-22-34)
◆主 催:日本学術会議 総合工学委員会未来社会と応用物理分科会
◆共 催:公益社団法人 応用物理学会
           ◆参加費:無料、事前申込不要
◆次 第:
13:30 開会の辞 河田聡(日本学術会議連携会員、大阪大学名誉教授)
   挨拶   大西隆 (日本学術会議会長)
   挨拶   保立和夫(日本学術会議第三部会員、応用物理学会長)
13:45 講演「日本の大学の研究力はなぜ失速したのか?」
        豊田長康(鈴鹿医療科学大学学長、元三重大学学長)
   講演「電子立国の凋落に何を学ぶか」
        西村吉雄(技術ジャーナリスト、元東京大学大学院工学
             系研究科教授)
   講演「スター・サイエンティストと日本のイノベーション」
        牧兼充 (政策研究大学院大学助教授)
   講演「若者が切り開く産業の未来」
        大澤敏(金沢工業大学学長)
15:45 休憩
16:00 総合討論
    (司会)河田聡(日本学術会議連携会員、大阪大学名誉教授)
16:50 閉会の辞 中野義昭(日本学術会議連携会員、東京大学大学院工学
             系研究科教授)

◆問合せ先:未来社会と応用物理分科会(幹事百瀬)
h.s.momose@ieee.org

■--------------------------------------------------------------------
 JST社会技術研究開発センター(RISTEX)からのお知らせ
 戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)  
平成29年度 研究提案の募集
 「科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム」
---------------------------------------------------------------------■
JST戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)では、「科学技術イノベー
ション政策のための科学 研究開発プログラム」第2期公募の新規提案募集を
開始いたしました。
客観的根拠に基づく科学技術イノベーション政策の形成に寄与するため、将来
的な政策形成につながりうる具体的な成果の創出を目指す研究提案を募集しま
す。
エビデンスの活用方法、オープンデータの利活用、研究開発プログラム・デザ
イン、科学技術イノベーション政策の社会的インパクト評価などをテーマとし
た新しい発想に基づく意欲的な提案をお待ちしております。
募集要項や提案書様式を下記よりダウンロードし、府省共通研究開発管理シス
テム(e-Rad)よりご応募ください。
詳細はこちら
http://ristex.jst.go.jp/proposal/current/proposal_2017.html
■募集期間
平成29年5月10日(水)〜6月26日(月)正午

■研究開発プロジェクトの規模等:
研究開発実施期間 3年以内
研究開発費(直接経費) 5百万円未満/年・プロジェクト

■お問合せ先 ※お問合せは、なるべく電子メールでお願いします。
国立研究開発法人科学技術振興機構
社会技術研究開発センター 企画運営室
 「科学技術イノベーション政策のための科学」募集担当
 E-mail: boshu@jst.go.jp
Tel: 03-5214-0133 (受付時間※:10:00〜12:00/13:00〜17:00)
※土曜日、日曜日、祝祭日を除く

======================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.593 ** 2017/5/11
======================================================================

■--------------------------------------------------------------------
 G7サミットに向けたGサイエンス学術会議の共同声明(お知らせ)
---------------------------------------------------------------------■
日本学術会議は、平成29年5月26日から27日にイタリア・タオル
ミーナで開催されるG7サミットに向け、G7各国のアカデミーと共同で、
「文化遺産:自然災害に対するレジリエンスの確立」、「人口高齢化にお
ける神経変性疾患の課題」、及び「新しい経済成長:科学、技術、イノベ
ーション及び社会資本の役割」について、参加国政府首脳に対する提言を
Gサイエンス学術会議共同声明として取りまとめ、本日、平成29年5月
11日、大西会長から安倍総理に手交しました。

共同声明は次のURLからご覧になれます。
http://www.scj.go.jp/ja/int/g8/index.html 
【お問い合せ先】
 内閣府日本学術会議事務局 国際業務担当室
 Tel:03-3403-1949 Fax:03-3403-1755

======================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.592 ** 2017/5/2
======================================================================
■--------------------------------------------------------------------
 公開シンポジウム(ご案内)
ワークショップ
「まちおこしの現場から明日を考える-若手・中堅研究者の提言」
---------------------------------------------------------------------■
◆日 時:2017年5月13日(土)14:00 〜17:30
◆場 所:日本学術会議 講堂(東京都港区六本木7-22-34)
◆主 催:日本学術会議 土木工学・建築学委員会

            地方創生のための国土・まちづくり分科会
◆参加費:無料
◆定 員:先着100名(前方4列に着席下さい)
https://ws.formzu.net/fgen/S58173127/より申込み下さい

◆開催趣旨:
 地域格差が広がり、人口減少が続くなかで、地方創生がわが国の重要な課題
となっている。観光資源や地域資源を活かしたまちおこし、自然環境と調和し
たまちおこし、子育て・高齢化・健康に配慮したまちづくり、既存施設の再活
用、コンパクト化による拠点づくり、都市農村交流、海外交流をはじめ、様々
な取り組みが各地で行われている。  
 本ワークショップでは、まちおこしに取り組む若手・中堅研究者に、現場の
取組み、課題、提案を発表していただく。地方創生のためには、地方の主体的
な取組みを支援するとともに、様々な分野の交流により、鍵となるコンセプト
を見出す必要がある。発表をもとに、会場の一般参加者や当分科会の委員とと
もに、将来の方向について議論したい。
◆次 第:
14:00
司 会:山本佳世子(日本学術会議連携会員、電気通信大学准教授)
挨拶:小松利光 (日本学術会議会員、土木工学・建築学委員会副委員長)
挨拶:佐々木 基(内閣府 地方創生推進事務局長)
趣旨説明:米田雅子 (日本学術会議会員、
          地方創生のための国土・まちづくり分科会委員長)
14:10 

発表1:辺境におけるまちおこしの現場から 
 徳田光弘 (九州工業大学大学院工学研究院准教授)
発表2:水・食料・エネルギーの自給循環と環境収容力
    笠松浩樹 (愛媛大学農学部特任講師)

自由討議:
 コーディネータ 園田 眞理子(日本学術会議連携会員、明治大学教授)
 パネラー 戸所 隆 (日本学術会議連携会員、高崎経済大学名誉教授)
 パネラー 小澤紀美子(日本学術会議連携会員、東京学芸大学名誉教授)
15:45 
 発表3:橋と景観とまちづくり 久保田善明 (富山大学理工学部教授)
 発表4:地域公共交通の活性化が地域の活性化を促すために
     加藤博和 (名古屋大学環境学研究科教授)
 発表5:地域自律型の次世代型・水インフラシステム
     牛島 健 (北海道立総合研究機構 北方建築総合研究所 主査)

自由討議:
 コーディネータ林 良嗣(日本学術会議連携会員、中部大学教授)
 パネラー 嘉門雅史 (日本学術会議連携会員、京都大学名誉教授)
 パネラー 船水尚行 (日本学術会議連携会員、北海道大学教授)

17:30 
 閉会挨拶 浅見泰司(日本学術会議連携会員、東京大学教授)

プログラムを日本学術会議のホームページに掲載しています
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/239-s-3-3.pdf

======================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.591 ** 2017/4/28
======================================================================
■--------------------------------------------------------------------
 文部科学省「科研費改革説明会」の開催について(ご案内)
---------------------------------------------------------------------■
                  文部科学省研究振興局学術研究助成課
平素より科学研究費助成事業(科研費)について御協力をいただき心より感謝
申し上げます。
現在、科研費改革の一環として「研究種目の見直し」や「審査システムの改革」
を進めており、平成30年度公募(平成29年9月実施予定)より、新たな審査
区分表及び審査方式の導入など大きな変化が生じます。
これに伴い、制度の変更点や考え方等も含めた科研費改革説明会を以下の日程
により2会場で開催しますので、御案内申し上げます。
詳細は以下の案内及びURLを御覧ください。
■概要
名称:科研費改革説明会

日時及び開催場所:
(1)東日本会場
 平成29年6月8日(木)13時30分〜16時予定
 於:東京大学 安田講堂
(2)西日本会場
 平成29年6月15日(木)13時30分〜16時予定
 於:関西学院大学 中央講堂

対象:研究者
(一般公募、(1)東日本会場:先着1000名、(2)西日本会場:先着1100名)

主催:文部科学省、独立行政法人日本学術振興会

説明会に関する詳細・申し込み
URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/1362786.htm

【留意事項】
※参加登録は、上記URLから参加登録フォームに必要事項を記入し登録を
お願いします。
※参加登録受付期間は、「平成29年5月10日(水)〜5月24日(水)」と
しております。(説明会についての周知期間を設けた上で、登録を開始す る予定です。)
※先着順とし、会場の都合により定員に達した時点で登録を締め切らせて
いただく場合がありますので、その旨あらかじめ御了承願います。
※東日本会場での説明会におきましては、開催の模様を撮影させていただ
きます。撮影した動画は、説明会に参加できない研究者や科研費事務担当
者の方々のため、後日、文部科学省のホームページに掲載します。

■お問い合わせ先:(メール)gakjokik@mext.go.jp

文部科学省 研究振興局学術研究助成課研究費総括係 
Tel  03-5253-4111(内線4091、4309)
(ダイヤルイン 03-6734-4091)
fax 03-6734-4093

======================================================================
** 【日本学術会議】声明の決定のお知らせ ** 2017/4/4
======================================================================

日本学術会議 協力学術研究団体 御中

 時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 このたび、日本学術会議では、下記の声明を取りまとめましたのでお知らせ します。
 今後とも、日本学術会議の活動に対する御支援のほど、よろしくお願いいた します。
           記
○声明「軍事的安全保障研究に関する声明」
 http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-s243.pdf
<問い合わせ先> 
日本学術会議事務局参事官(審議第二担当)付
            松宮・大橋・大庭
電話 03−3403−1082

★-------------------------------------------------------------------☆
 日本学術会議では、Twitterを用いて情報を発信しております。
          アカウントは、@scj_info です。
        日本学術会議広報のTwitterのページはこちらから
            http://twitter.com/scj_info
***********************************************************************
       学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
     http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/doukou_new.html
***********************************************************************
=======================================================================
 日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術誌等へ
の転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多くの方にお読み
いただけるようにお取り計らいください。
 本メールは、配信専用のアドレスで配信されており返信できませんので、あ
らかじめご了承ください。本メールに関するお問い合わせは、下記のURLに連
絡先の記載がありますので、そちらからお願いいたします。
=======================================================================
  発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
     〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34