■ 九州支部

九州支部事務局
〒802-8577 北九州市小倉南区北方4−2−1
北九州市立大学文学部比較文化学科
岩本真理子 研究室
TEL&FAX  093-964-4156
E-Mail m-iwamoto@kitakyu-u.ac.jp

九州支部役員
支部長 大嶋 仁
会計委員 野口 広明
会計監査 相野 毅
会報編集 藤原 まみ
幹事 荒木 正見 狩野 啓子 金原 理
清水 孝純 徳永 哲 野口 広明
東 茂美 廣田 稔 藤原 まみ
間瀬 玲子 横尾 文子

これまでの大会は下記の通りでした。
2016年度秋季大会は下記の通り開催されました。    
日時 2016年12月10日(土)13:00〜17:20
場所 九州大学伊都キャンパス、
 ゲストハウス1階多目的ホール
開会 13時
 総合司会 岩本真理子(北九州市立大学)
 支部長挨拶 大嶋 仁(福岡大学名誉教授)
研究発表1 (13:10〜13:45) 彭 柯然(熊本大・院)
 川端康成と西洋小説
 ―大正十一年の翻訳を中心に―
司会 武藤 ゆう(福岡大学非常勤)
研究発表2 (13:45〜14:20) 伊崎 久美(熊本大・院)
 森鴎外の初期作品におけるゲルマン・北欧神話の受容
司会 野口 広明(元九州産業大学)
休憩 (14:20〜14:35)
研究発表3 (14:35〜15:10) チョン・ミギョン(鄭 美京・福岡大非常勤)
 明治期の大衆メディアの中の韓国小説
    ―新聞連載小説『鶏林情話 春香伝』と
 『夢幻』を中心にー
司会 波潟 剛(九州大学)
休憩 (15:10〜15:30)
講演 (15:30〜16:45) 近代文学における科学―分散、変質を考える
 フィリップ・コミネッティ(慶応大学)
司会 大嶋 仁(福岡大名誉教授)
総会(16:50−17:20)
   司会司会 石川 泰成(九州産業大学)
閉会の辞 支部長 大嶋 仁(福岡大学名誉教授)
懇親会(17:30)

2016年度春季大会は下記の通り開催されました。          
日時 2016年7月9日(土)13:00〜17:20
場所 北九州市立大学 本館3階D-303教室
開会 13:30
  総合司会 岩本 真理子(北九州市立大学)
  支部長挨拶 大嶋 仁(福岡大学名誉教授)
研究発表1(13:40〜14:15) キム・キョンホ(金慶湖・九州大・院)
 椎名麟三「罪なき罪」論
  ―G.K.チェスタトンからの影響を中心に―
司会 徳永 光展(福岡工業大)
研究発表2(14:15〜14:50)チョウ・イェラ(趙 蘂羅・九州大・院)
 戦時期におけるH・G・ウェルズ受容
  ― The War of the Worlds(1898)と
  『火星人との戦争』(1941)の比較分析を中心に ―
司会 波潟剛(九州大)
研究発表3(14:50〜15:25) 野口広明(九州産業大学名誉教授)
 試論 カフカ文学とミシェル・アンリの思想
(休憩)15:25〜15:40
司会 有村隆弘(九州大名誉教授)
研究発表4(15:40〜16:40) 清水孝純(九州大学名誉教授)
 私の比較文学修行
司会 大嶋 仁(福岡大名誉教授)
総会(16:40〜17:20)
   司会野口広明(九州産業大学名誉教授)
閉会の辞 支部長 大嶋 仁(福岡大名誉教授)

2015年度秋季大会は下記の通り開催されました。        
日時 2015年12月5日(土)13時〜17時20分
場所 九州産業大学2号館6階2W601
開会 13時
 総合司会 波潟 剛(九州大)
 支部長挨拶 大嶋 仁(福岡大)
研究発表1 (13:10-45) 毛利 郁子(九州大・院)
 パスカル・ロー(Pascal Laut)論文
  「Lorsqu’un Francais lit "kokoro”
  出版の事情 ―日仏文化交流史の観点から―
司会 谷口 佳代子(福岡女学院大・非常勤)
研究発表2 (13:45-14:20) 金 慶湖(九州大・院)
 椎名麟三における「ユーモア」の問題 
  ―カフカの〈二人〉を手がかりに―
司会 有村 隆弘(九州大・名誉)
休憩 (14:20〜14:30)
研究発表3 (14:30-15:05) 武藤 ゆう(福岡大・非常勤)
 遠藤周作におけるモーリアック文学の理解
 ―「テレーズ・デスケルー」のアンヌの描写に注目して
司会 大嶋 仁(福岡大)
研究発表4 (15:05-15:40) 藤原 まみ(山口大)
 翻訳と再話―太宰治「女の決闘」をめぐって
司会 岩本 真理子(北九州市立大)
休憩 (15:40〜15:50)
講演 (15:50〜16:50)
 題目 ユーリ・ロトマンの「翻訳」概念
 講師  乗松 享平(東京大学)
 司会  大嶋 仁(福岡大)
総会(16:50−17:20)
   司会波潟 剛(九州大学)
閉会の辞 支部長 大嶋 仁(福岡大学)
懇親会(17:30-19:30) 学内食堂「オアシス」

2015年度春季大会は下記の通り開催されました。
*本大会より、支部大会のプログラムはジュニア・シニアの部に分けて
研究発表を行い、さらにシンポジウムあるいは講演を通じて
「比較文学とはなにか」を学習する機会を設けることにした。
日時 2014年7月11日(土)13:00〜17:20
場所 九州大学西新プラザ
開会
  総合司会 谷口 秀子(九州大学)
  支部長挨拶 大嶋 仁(福岡大学)
研究発表1(13:10〜13:45) キム・キョンホ(金慶湖・九州大・院)
 椎名麟三作「ある献身」論
  ―カフカ的神学構造をめぐって
研究発表2(13:45〜14:20) チョ・イェラ(趙 蘂羅・九州大・院)
 『海底二万里』邦訳比較研究
  ―明治・大正・昭和における
  ジュール・ヴェルヌ受容の特徴―     
司会 野口広明(九州産業大)
研究発表3(14:30〜15:05) 松原 留美(福岡女学院大非常勤)
 ヘンリー・ソローと宮澤賢治の実践思想:
  'Walking'と『小岩井農場』の比較研究
司会 広田 稔(福岡女学院大・名誉)
研究発表4(15:05〜15:40) 徳永 晢
 フランス留学時代のJ・M・シング
  ―ブルターニュ地方からアラン諸島へ、
  ケルト民族文化を求めてー
司会 藤原 まみ(山口大学)
研究発表5(15:50〜16:50) 大嶋 仁(福岡大学)
 比較文学の原点―ヴォルテールに見る文化相対主義―
司会 岩本真理子(北九州市立大学)
総会 (16:50−17:20)
   司会大嶋 仁(福岡大学)
閉会の辞 支部長 大嶋 仁(福岡大学)

2014年度秋季大会は、下記の通り開催されました。    
日時 2014年12月6日(土)14時〜17時
場所 福岡大学文系センター棟15階
開会
 総合司会 大嶋 仁(福岡大学)
  開催校挨拶 星乃治彦(福岡大学人文学部長)
  支部長挨拶 西野 常夫(九州大学)
研究発表1 劉 苗苗(九州大・院)
 倉橋由美子「暗い旅」におけるボーヴォワール受容
  ―『ある女の回想』と比較して―
司会 前田 知津子(福岡工業大・非常勤)
研究発表2 緒方 秀樹(佐賀工業高)
 遠藤周作「黄色い人」論 ―― 「疲れ」という悪
司会 武藤 ゆう (福岡大・非常勤)
休憩 (15:20〜15:30)
研究発表3 鈴木 隆美(福岡大学)
 堀辰雄とプルースト―文体論を巡って
司会 有村 隆広(九州大学・名誉)
研究発表4 馬場 美佳(北九州市立大)
 森田思軒訳『郵便報知新聞』
  掲載・原著不明作品群へのアプローチ
司会 清水 孝純(九州大・名誉)
総会(16:30−17:00)
   司会藤原 まみ(山口大学)
閉会の辞 支部長  西野 常夫(九州大学)
懇親会 文系センター棟16階第一特別室
   司会 谷口 佳代子(福岡女学院大・非常勤)

2014年度春季大会は下記の通り開催されました。
日時 2014年7月5日(土)13:00〜17:10
場所 福岡工業大学FITホール2階、セミナー室1・2
開会
 総合司会 徳永 光展(福岡工業大学)
  開催校挨拶 李 文忠(福岡工業大学社会環境学部長)
  支部長挨拶 西野 常夫(九州大学)
研究発表1 緒方 秀樹(佐賀工業高)
 遠藤周作「白い人」における悪
  ――フロイトの理論によるサディズム――
司会 荒木 正見(地域健康文化学研)
研究発表2 鳥居 佳江(九州大・院)
 トールキンの創世記受容
  ――『シルマリルの物語』の舞台――
司会 谷口 秀子(九州大学)
研究発表3 劉 金宝(九州大・院)
 太宰治における漢訳
  ―幻の漢訳と実の漢訳―章克標を中心に―
司会 金原 理(熊本大学・名誉)
研究発表4 劉 苗苗(九州大・院)
 倉橋由美子におけるボーヴォワール『第二の性』の
  受容―「私の”第三の性”」を中心に―
司会 長谷川 郁美(福岡工業大・非常勤)
講演  (15:45〜16:45)
林 正子(岐阜大学)
 「近代日本の<民族精神>と<国民文化>
  ―鴎外・樗牛・嘲風におけるドイツ思想の受容
司会 岩本 真理子(北九州市立大学)
総会 (16:50−17:10)
   司会横尾 文子(佐賀女子短期大学)
閉会の辞 支部長  西野 常夫(九州大学)
懇親会 福岡工業大学 オアシスルーム
   司会前田知津子 (福岡工業大学・非常勤)

2013年度秋季大会は下記の通り開催されました。
日時 2013年11月16日(土)12:10〜16:45
場所 佐賀大学 教養教育2号館 212教室
開会
 総合司会 相野 毅(佐賀大学)
  開催校挨拶 吉中 幸平(文化教育学部 欧米文化講座代表)
  支部長挨拶 西野 常夫(九州大学)
研究発表1 蘭 蘭(九州大・院)
 田村俊子の文学作品における「死」のモチーフ
  ――女性の肺病死を中心に――
司会 緒方 秀樹(佐賀工業高)
研究発表2 武藤 ゆう(福岡大・院)
 「テレーズ・デスケルー」の遠藤周作の翻訳について
司会 大嶋 仁(福岡大学)
研究発表3 山根 祥子(九州大・院)
 ドーデ作品の教科書受容
  ―『風車小屋だより』の短篇を中心に―
司会 松藤 英恵(長崎大学・非常勤)
休憩 (14:00〜14:10)
研究発表4 松原 留美(九州大・院)
 ワーズワースの汎神論とアメリカン・ルネッサンスの
  ―ロマンティック・ムーブメント
司会 谷口 秀子(九州大学)
研究発表5 吉 美顕 (又松大学)
 韓・日男性作家の文学に現れている美のメカニズム
  ―ボードレールからの影響を中心に―
司会 朴 順伊 (久留米大・非常勤
休憩 (15:20〜15:25)
シンポジウム 「小津の世界性を探る」
  司会・講師 栗原好郎 (久留米大・非常勤)
   講師 清水孝純 (九州大学・名誉)
   講師岡村民夫 (法政大学))
総会(16:50−17:10)
   司会岩本 真理子(北九州市立大学)
閉会の辞 支部長  西野 常夫(九州大学)
懇親会 美術館カフェ ソネス (椅子着席式)
   司会 荒木 雪葉(西南学院大学・非常勤))
  
2013年度春季大会は下記の通り開催されました。
日時 2013年7月6日(土)13時30分〜
場所 福岡教育大学人文社会教棟 人社講教室
開会 総合司会 久保田 裕子(福岡教育大学)
   開催校挨拶 長山 芳子(福岡教育大学教育学部長)
   支部長挨拶 西野 常夫(九州大学)
研究発表 13:40〜16:10
研究発表1(13:40-16:10) 徐 ヨ(九州大学・院)
 二〇〇〇年以降の大江健三郎文学と莫言文学の
対比研究 ― グロテスク・リアリズムを視座として ―
司会 神崎 明坤(西南女学院大学)
研究発表2 劉 苗苗(九州大学・院)
 倉橋由美子におけるカフカ像
――「婚約」を中心に――
司会 野口 広明(九州産業大学)
休憩 14:50〜15:00
研究発表3 武富 利亜(九州大学・院)
 イシグロと小津映画
  ― 英語字幕の問題を中心に ―
司会 谷口 秀子(九州大学)
研究発表4 千代田 夏夫(鹿児島大学)
 F. スコット・フィッツジェラルド作品における日本の
イメジャリ ―黄禍論を手がかりとして
総会(16:20−16:50)
  司会  徳永 哲(日本赤十字九州国際看護大学)
閉会の辞 支部長 西野 常夫(九州大学)
懇親会 司会 相野 毅(佐賀大学)

2012年度秋季大会は下記の通り開催されました。
日時 2012年12月8日(土)13:40〜16:45
場所 福岡女学院大学  4号館2階 421号室
開会 総合司会 廣田 稔(福岡女学院大学)
   開催校挨拶 木ノ脇 悦郎(学長)
   支部長挨拶 西野 常夫(九州大学)
研究発表1 劉 金宝(九州大学大・院)
 太宰治「浦島さん」における
  「魚の掛橋」に関する一考察
司会 荒木 雪葉(西南学院大・非常勤)
研究発表2 楊 穎(九州大・院)
 北村透谷と周作人
司会 狩野 啓子(久留米大)
研究発表3 山根 祥子(九州大学・院)
 日本人の捉えたDaudet像
司会 間瀬 玲子(筑紫女学園大)
休憩 (15:25〜15:35)
研究発表4 松原 留美(九州大・院)
 Henry David Thoreauと宮澤賢治の自然観:
  Gary Snyderへ受け継がれるもの
司会 市川 郢康(久留米大)
研究発表5 清水 孝純(九州大・名誉)
 ドストエフスキイ・D.H.ローレンス・中村雄二郎
  ―アポカリプスをめぐる現代的言説―
司会 荒木 正見(九州大・非常勤)
総会(16:55−17:15)
   司会金原 理(熊本大学・名誉)
閉会の辞 支部長  西野 常夫(九州大学)
懇親会 寿司割烹「魚徳」春日店
   司会 鄭 美京(福岡女学院大・非常勤)
懇親会(17:50−19:50)について
   〒816-0854 春日市下白水北9-65  電話092-591-1626
   (徒歩15分程度の懇親会会場へは一緒に歩いて行きます)。
   会費:4000円程度、学生・院生は2500円程度

2012年度春季大会は下記の通り開催されました。
日時 2012年7月7日(土)
場所 久留米大学御井図書館 AVホール
開会 総合司会 飯田武郎(久留米大学)
   開催校挨拶 木藤恒夫(久留米大学文学部長)
   支部長挨拶 西野 常夫(九州大学)
研究発表1 安部智子(福岡大学・院)
 萬葉集巻二・一三五番歌の構造分析
  ――E. Miner & R. Browerの分析との比較―
司会 前田知津子(福岡工業大学・非常勤)
研究発表2 蘭 蘭 (九州大学・院)
 田村俊子における<匂い>の表現
  ――花袋「蒲団」との対比を中心に――
司会 狩野啓子(久留米大学)
研究発表3 山根祥子(九州大学・院)
 「幻の文豪」アルフォンス・ドーデの移入
  ――「最後の授業」に注目して―
司会 栗原好郎(久留米大学・非常勤)
研究発表4 有村隆広(九州大学・名誉)
 プラハでのカフカ・シンポジウム
  ――カフカと中島敦
司会 野口広明(九州産業大学)
研究発表5 武富利亜(九州大学・院)
 カズオ・イシグロのA Pale View of Hillsにおける
  「喪失」のイメージ―海外研究者の指摘する
   「もののあはれ」をめぐって―
司会 谷口秀子(九州大学)
特別講演 中野三敏(九州大学・名誉)
 今こそ和本リテラシーを!
司会 大嶋仁(福岡大学)
総会(17:05−17:30)
  司会  市川郢康(久留米大学)
閉会の辞 支部長 西野 常夫(九州大学)
懇親会 司会 長谷川 郁美(福岡工業大学・非常勤)